おせち料理の由来や歴史って?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > おせち料理の由来や歴史って?

おせち料理の由来や歴史って?

おせち料理には、いろんな意味合いがあるみたいです。
元々は、新年の祝い料理なのですが、お正月くらいは主婦(人気ドラマ「京都地検の女」では、「これ主婦のカン」というのが決め台詞になっています)を家事から開放すると言う意味合いと、食材を購入できないお正月の間を食いつなげる食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。
お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)と言う事で、年末にお正月の分を作りためてしまうと言う意味合いもありました。
また、お正月の間は火を使わない風習(よそものには理解しがたいこともあります)を守るためとも言われています。
おせち料理はめでたさを積み重ねると言う意味合いから、団重ねの重箱(花見弁当やうな重などにも使われます)に詰められるようになりました。
近年では、2〜3段が一般的ですねが、本来は、祝い肴を盛り付ける一の重・あまいものを盛り付ける二の重・魚介類を盛り付ける三の重・煮物などの野菜類を盛り付ける与の重の四段重ねが正式です。
おせち料理は祝い膳なので、見た目が華やかになるよう盛りつけられるのはもちろんですが、それぞれ盛りつけられる料理には意味があります。
何でもいいから詰めればいいというのではなく、例えば、出世を祈願して出世魚であるブリの焼き物を詰めたり、子宝に恵まれるように里芋の煮物や数の子の塩漬けが盛りつけられたり、長寿を願ってエビが入れられたりしますからす。
このように、おせち料理に盛りつけられる料理には全てに意味があって、何らかの祈願が込められていたり、語呂合わせ(企業などが電話番号を覚えてもらうために、語呂合わせをした上でCMソングを作ったりもしますね)でめでたさを表現していたりします。
近年では、中華や洋食のおせち料理も有名店から売られるようになりました。
でも、やはり、使用されている食材は日本古来のおせち料理のいわれにちなんで盛りつけられていることが多いです。