DCプランナーの受験概要って?対策は?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > DCプランナーの受験概要って?対策は?

DCプランナーの受験概要って?対策は?

DCプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ナーの資格は、1級から3級までよくあるのです。 受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は特にありません。 しかし、1級を受験する方だけは、2級に合格しているのが必要不可欠みたいです。 1級の試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)は、年金管理者、退職給付コンサルタント(助言に従ったからといって必ずしも問題が解決したり、状況が改善するわけではないでしょう)を養成する目的で問題を作成しています。 問題としては、確定拠出年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)制度を始めとする年金制度全般に加え、金融商品、投資についての専門的な知識等が出題されます。 受験費用は10500円。 マークシート式と記述式の混合で出題されます。 試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)時間は150分と120分。 合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)は二十パーセント程度です。 次に2級とは言っても、金融機関の渉外担当、企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)の年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)担当者を養成する目的で問題が作成されているのです。 こちらも、確定拠出年金制度を始めとした年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)制度全般に加え、金融商品、投資に関する一般的な知識が出題されます。 受験費用は6300円。 マークシート(塗りつぶす箇所を間違えると、大変なことになってしまいます)式で出題されるのです。 試験時間は150分。 合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)は40%くらいです。 お終いに三級だからといって、金融機関の窓口、また福利厚生(企業によっても違いますから、就職前によく調べた方がいいかもしれません)担当者を養成する目的で問題が作られているのです。 年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)制たびに対しての知識と、確定拠出年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)についての概略的な知識に加え、金融商品、投資に関する基礎知識が出題されます。 受験費用は、4200円。 マークシート式で出題されるのです。 試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)時間は120分。 合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。 受験する時の目安にされます)は80パーセント程度です。 1級と二級の合格者には認定書が発行されます。 DCプラン(考えや構想をいうこともあります)ナーの資格を取得する事で就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)の強い味方となりますので、通信教育講座やテキスト、問題集(できれね答えの解説がわかりやすいものを購入するといいかもしれません)等を使って対策するといいでしょう。