ぶっちゃけ生命保険には入った方がいいの?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > ぶっちゃけ生命保険には入った方がいいの?

ぶっちゃけ生命保険には入った方がいいの?

あなたは生命保険にどのくらいのイメージを持っているでしょうね?おそらくそれは、年代によっても大きく違うと思いますよ。 私が若い頃は、生命保険はあまりいいイメージではないものですでした。 しつこい勧誘のおばさん。 保険金殺人など悪いイメージ。 特に必要無いのに、多額の掛け金が必要。 そんなふうに思っていました。 しかし、結婚して、子どもができて自分が歳を取ってくると段々と考え方は変化するものです。 結婚すると、夫が死んでしまった場合の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)が不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)のですね。 また、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)が出来ると成人までにかかる教育費の負担が心配になり、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)保険みたいな積立型の保険などが気になりはじめます。 銀行に月々預ける事も可能ですが、それだと簡単に引き出せてしまうことや子ども保険では定期的に一時金を受け取れるなんかの特典が魅力的といわれているようです。 そして、自分が歳を取ってくると、徐々に自らの体力や健康状況が不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)になってくるのです。 若いころには、自分が病気になったことよりも事故のほうが心配でしたが、歳と一緒に癌や成人病(生活習慣が大きく影響すると考えられています)などが気になり始めるだといえるでしょう。 それに、不景気な時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)では、リストラ(ロシア語に由来する言葉で、本来の意味では、建て直すという意味のペレストロイカの同義語だったそうです)や倒産など、自分が職を失った場合の生活のことなんかも気になりはじめますね。 年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)が殆ど破綻し始めている現代日本では、もちろん、老後(定年後や年金の受給を受ける頃を指しますね)の生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)費の不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)もあるようです。 そういった時に貯蓄が十分あれば問題はないのですが、そういう方のほうがむしろ少ないのではないでしょうか?そういう事を考えれね、やっぱり保険は大切だと感じるだと言われています