カニがおいしい時期っていつ頃?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > カニがおいしい時期っていつ頃?

カニがおいしい時期っていつ頃?

カニは、スーパー(最近では大型の店舗が増えています)に行けば年間通して売っており、いつでも食べることができるはずですね。 でも、カニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)って、季節によっては味がずいぶんと異なる食材だといえると思います。 どうせ食べるなら、おいしい時期のカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)、つまり、旬のものを食べたいかもしれませんね。 カニの旬というと、一般的には冬だと言えるのですが、実はカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。 食べた後はかに汁を作るのがオススメです)の種類(時には新しく発見されることもあるようです)や場所によっては異なるのです。 人気のあるタラバガニ、北海道(国内の旅行先としてはとても人気ですね)の網走やオホーツク海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)で獲れるものは、春から夏にかけてが旬。 身が詰まっていて、すごくおいしく食べることも可能になります。 しかし、この海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)域で水揚げされる量は非常にわずかで、多くは、ロシアやカナダの輸入品です。 カニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)の王様(日本ではそれほど使われませんでしたが、諸外国では今でも使用されていたりします)のズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)、山陰や北陸地方で獲れる松葉ガニ(山?地方の日本海側で獲れたズワイガニのことです)(ズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです))は、十一月〜3月頃が旬。 一方、オホーツク海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)で獲れるズワイガニ(漁獲する地域によって、畭なった名前で呼ねれるのも特徴でしょう)は、四月〜5月が旬です。 旬の時期のズワイガニ(オスとメスではかなり大きさが違っていて、オスには産地などにより、エチゼンガニ、マツバガニという名前が、メスにはコウバコガニ、セコガニなどと別の名前が付けられていることが多いようです)は、ミソがたっぷり入っていて、身もプリップリッ。 文句なく美味しいです!ミソが美味しい毛ガニ(北海道では、資源保護のために、甲長8cm以上のオスのみを漁獲しています)は、年間通してどこかで水揚げ(どこの港で水揚げするかで、産地が決まります)されています。 オホーツク海で獲れるものは3月〜8月頃、噴火(内浦)湾の毛ガニは夏、岩手のものは12月〜3月頃が旬です。 花咲ガニ(名前の由来には諸説あり、花咲という根室の地名が由来という説もあれね、茹でた時の色の鮮やかさによるという説もあります)は、北海道(ウィンタースポーツやアウトドアスポーツにもってこいでしょう)の根室沖でわずかしか獲れないのですが、旬は5月〜9月頃。 取ってもみずみずしく濃厚な味がします。 ガザミとも呼ばれるワタリガ二は、漁場が広く年間通して水揚げ(船の荷物を陸にあげることや漁業の漁獲量、もしくは、漁獲することを指します)されていますが、旬はまちまち。 関東、甲信越地方は8月〜10月、四国、九州地方は8月〜9月、日本海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)側は春から秋が旬。 特に腹に内子をもったメスは十二月〜4月、オスは6月〜十一月がおいしいです。 最近は、輸入もののカニが多く販売されていますが、絶品のカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。 食べた後はかに汁を作るのがオススメです)を堪能したいなら、旬のカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。 食べた後はかに汁を作るのがオススメです)をたべることがおすすめです