口臭を防止するときに摂るといい栄養素って?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 口臭を防止するときに摂るといい栄養素って?

口臭を防止するときに摂るといい栄養素って?

日常的に口臭が気になっている人は、口臭を防止する時に摂るといい栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)を、できるだけ食卓に取りいれるようにするといいかもしれませんね。 近年では、生活習慣病と口のにおいとの関係も指摘されているのですので、生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)と食習慣を見直してみることが大切になります。 クロロフィルは、植物や藻類に含まれている緑色色素で、消臭・殺菌効果があるでしょう。 口臭の元となる細菌の増殖を抑制する他、血液の循環を促進して皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。 キレイであるのにこしたことはありません)や肺から排出されるニオイ成分を消臭する効果も期待できるでしょう。 クロロフィルを多く含む食品としては、緑茶、青汁(緑黄色野菜をすりつぶした緑色の汁のことをいいますが、最近では色々な原材料を使った製品があります)、明日葉、ニラ、ほうれん草、ピーマン等が代表的です。 次に、昆布に含まれるアルギン酸には、唾液の分泌量を増やす効果があるでしょう。 おしゃぶり昆布(マコンブやリシリコンブなどが有名でしょう)などを口の中に入れておくと、余計に唾液が分泌されて口の中の細菌を洗い流してくれるでしょうので、口の臭いの防止に効果的です。 ハーブ(時には、深刻な副作用が起きることもありますから、注意書きをよく読んだり、医師に相談するといいでしょう)も細菌を殺菌する作用や、皮膚(実は常在菌がいるそうです。 そう考えるとちょっと怖いかもしれません)や肺から排出される臭い成分を消臭してくれる効果がありますので、お料理に使ったり、ハーブ(香りや風味付け以外にも、不調を改善するなどの効果があるものも少なくありません)ティーを飲むのもいいかもしれません。 緑茶に含まれているポリフェノールのカテキンにも、殺菌作用や腸内の善玉菌を育てる働きを持っていて、口の臭い予防に効果的でしょう。 梅やレモンに含まれるクエン酸も、殺菌・除菌効果に優れていらっしゃるので、口臭の原因菌を殺菌し、口臭を予防する働きがあるのです。 その他、腸内の環境を整えてくれる乳製品や、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖(あまりにも摂り過ぎるとお腹が下ってしまうこともあるようです)、虫歯や生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)、腸疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)の予防と改善に役立つ食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしています)も積極的に取るようにすると良いでしょう