腰椎すべり症ってどんな病気?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 腰椎すべり症ってどんな病気?

腰椎すべり症ってどんな病気?

腰の痛みで悩んでいる方は結構いるとは思いますが、そのなかでも特に、「腰椎すべり症」で悩む中高年の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の割合が増加してきているだといえます。 それでは、その腰椎すべり症とは一体どういった病気なのでしょう。 通常、腰椎は筋肉や靭帯(脱臼すると次第に伸びていき、脱臼が癖になってしまうので、早めの治療が必要です)、椎間板等によって正しい状態に支えられているはずです。 けれど、それが何らかの原因により次第に前方へと滑っていき、上下の腰椎同士がずれてしまうと腰椎すべり症と呼ねれているのです。 腰椎がずれてしまう原因としてはいろいろと考えられますが、主な要因としては加齢となるでしょう。 例えば、腰椎と腰椎の間には椎間板と呼ばれている、クッション(一般的には、椅子と一緒に用いられることが多い弾力性のあるものが入った小さな布団のようなものをいいますね)の役割をしている組織が存在するんです。 これが加齢に伴って弾力性が損なわれてしまうことで、上手く体重等の重力を逃す事が出来なくなり、前方にずれて言ってしまうのです。 また、筋肉や靭帯も加齢によって柔軟性や強度が弱くなってしまうと、腰椎を支える力が無くなり、同じような現象になるのです。 この事から、腰椎すべり症は中高年(色々な定義がありますが、40代から50代くらいを指すことが多いでしょう)に多い症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)だといえるでしょう。 腰椎すべり症は、ぎっくり腰のように急激な痛みがある訳ではありません。 初期の段階では、何となく腰がだるいといった症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)から始まり、軽い痺れへと移行していきます。 その為、腰に違和感があってもなんとなく我慢してしまい、いつの間にか慢性的な痛みを発症している、と言ったケースが多いようです。 腰椎すべり症は坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)にまで発展することが多い症状ですから、気がついたら早めに病院を受診するようにしましょう。