腰の痛みの原因って何?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 腰の痛みの原因って何?

腰の痛みの原因って何?

普段から、腰の痛みを感じている方は案外おおいかもしれません。 ご自身の周りにも、そのような方が一人や二人はいるものです。 もしかすれね、あなた自身も腰痛持ちだと言われているのです。 それでは、この腰の痛みの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)には、どういう事が考えられているのでしょう。 まず、腰の痛みの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を大きく分けると考えると、背骨や筋肉の異常が原因で痛みを発症しているものと、内臓疾患(胃潭瘍からそれぞれの臓器の癌まで様々な疾患を総称した表現です)が原因で腰に痛みを発症しているものとに分けられるでしょう。 背骨や筋肉の異常が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の場合であれね、過剰な緊張を強いられて痛みを発症している可能性があり、具体的に言うと、
・デスクワーク(たかが事務仕事と考えがちですが、効率よく行うためにはそれなりのコツがあります)をしていて、1日中同じ姿勢で座ってる
・足に合わない靴をムリヤリ履いていたり、かかとの高いハイヒール(一般的には女性が履く靴に多いですが、希にシークレットブーツやウエスタンブーツなど男性用の靴もあります)で歩いたりした
・体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が急激に増えて肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になった
・柔らかすぎるベッドや布団で寝ている
等が考えられるのではないでしょうか。 また、急に重いものを持ち上げた時に起きるぎっくり腰みたいに、突然くるものもあります。 それに、クーラー(エアコンともいいますね。 節電が呼びかけられていますが、我慢して全く使わないと熱中症になる恐れもあります)の効いた部屋等にいて身体を冷やすと血流が悪くなり、筋肉が疲れやすくなって腰痛が発生するような事もあるみたいです。 女性ともなると、特に腰痛になってしまいがちなとも言われていますね。 女性の腰痛の原因としては、生理や妊娠、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)、産前と産後といった、身体の変化によって生じるホルモンのバランスの崩れ等があります。 加えて、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)により骨盤の仙腸関節が緩んだり、締まったりする場合によるものも少なくありません。