ビタミンB1って肩こり、五十肩に効果がある?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > ビタミンB1って肩こり、五十肩に効果がある?

ビタミンB1って肩こり、五十肩に効果がある?

ビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)という言葉は、みなさんどこかで一度は見たり聞いたりした事があるんですが、どんなものかご存知でしょうか?ビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)はビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)に含まれていて、ほかにも、ビタミンB2、ビタミンB6(免疫力を高めたり、つわりを軽減するなどの効果があるようです)、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの計8種類の物質がB群に属しているのです。
1910年に鈴木梅太郎氏がビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)を発見した後、次々とビタミンが発見されました。
その中で、水に溶ける性質であるもの、炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)をエネルギーに変える働きをするものは、ビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)に分類(難しい名前が付いていることもよくあります)されるようになりました。
ビタミンB群はエネルギーを補う働きもありますし、疲れを残りにくくします。
加えて、脳や皮膚等を健康に保つ作用があるとは言え、ビタミンB群は体に蓄えておく事ができない物質ですから、日常的に摂取しておきたいビタミンと言えると思います。
ビタミンB1は糖の代謝を促進させることにより、筋肉や末梢神経にエネルギーを供給し、それらの機能を正しく働くよう促します。
ですから、ビタミンB1が少なくなると、カロリー不足だと脳が判断してしまうのです。
その結果として、記憶(多かれ少なかれ美化されていくものです)力の低下や注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)力の散漫、疲労感や食欲不振、消化不良、肩こり、五十肩といった症状が現れやすくなり、神経や筋肉に影響を及ぼすようになってしまいます。
そうならない為にも、常日頃からのビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)摂取が重要になって来る訳です。
ビタミンB1を豊富に含んだ食品として、玄米等の穀類、レバーや豚肉、豆類や豆腐等があげられます。
水に溶け易い性質を持っている為、そのまま食べられるのであれば生で摂取するか、加熱調理等で出た汁ごと摂取すると、栄養を逃す事なく体の中に取り込む事が可能でしょう。
さらに、ビタミンB1(チアミンとも呼ねれていますが、こちらの方が一般的な名称でしょう)のみならず、ビタミンB群(ビタミンB複合体と呼ぶこともあります)と合わせて摂取することで、より一層効果が期待出来るのです。
1日当たりの摂取量は、成人男性で約1.5mgで、玄米で換算すると約1.5杯分のようです。
普段の食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)でビタミンB1を出来る限り摂るようにこころがけて、肩こりや五十肩を起こさないようにしたいものですよね。