外貨預金のデメリットって何?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 外貨預金のデメリットって何?

外貨預金のデメリットって何?

外貨預金のデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)は、大別すると3つあるみたいです。

・為替手数料が高い
・営業時間に制限がある
・ペイオフ対象外商品

外貨預金の最大のデメリット(人は時に目を反らしたがるものですが、後悔しないためにもしっかりと目を向けた方がいいですね)は、為替手数料が高い点です。

他の外貨を利用した投資よりも為替手数料が高い為、利益を出してもあるていどのお金は銀行に取られてしまうでしょう。

そのために、利益が少ない場合は、元本割れの場合もあります。

外貨預金で銀行を選ぶ際は、為替手数料の低いところを選択してください。

また、一部の銀行以外は、営業時間が限定されているため、リアルタイムで取引を行う事ができないのです。

すぐに取引したくても出来ないため、いざという時には損失を食い止めるのが困難です。

それに、外貨預金はペイオフ対象外商品ですので、銀行が倒産した場合、お金が戻ってこないケースもあるかもしれませんね。

銀行が倒産してしまうと、預けていた全部の資産(何割かを自己投資にまわすことでさらなる発展に繋がるといわれています)を失う可能性がありますから注意が必要です。

これらのデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)を十分理ほぐしてから、外貨預金を開始してるようにして下さい。