自律神経失調症にいいツボ押しって?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 自律神経失調症にいいツボ押しって?

自律神経失調症にいいツボ押しって?

自律神経失調症(自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、色々な不調が起こることをいいます)によいツボ押しは、身体に何ヵ所かあるのですよ。

自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)は、原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)がはっきりとしていないだけに、整体や鍼灸(中国で生まれ、日本で独自の発展を遂げたといわれており、中国のものと日本のものは少なからず畭なります)などをして症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を改善させようと言う方も多いかもしれません。

自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も畭なります)のツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)押しの場所としては、以下の通りです。

・曲池(きょくち)
・足の三里(あしのさんり)
・神庭(しんてい)

神庭(しんてい)と曲池(きょくち)は、気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を落ち着かせる効果があるというツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。

自律神経失調症(人によっては、過呼吸や人間不信、生理不順といった症状が起こることもあるようです)になってしまった場合には、ついイライラしてしまって物事がうまくいかなくなってしまうことがあります。

そういったときに押すといいツボです。

神庭(しんてい)の位置は、鼻の筋から髪の毛の生え際までのラインで、生え際から少し離れた場所かもしれませんよね。

曲池(きょくち)は、腕を曲げたときに可能なしわの外側にあるかもしれませんね。

一方、2つめに挙げた足の三里(あしのさんり)は、ひざの皿から指3本分のふくらはぎ(むくみを解消するためにはストレッチも効果的でしょう)あたりにあるでしょう。

足の三里(あしのさんり)は、元気を取り戻させてくれるツボです