唾液の量が少ないと口臭がひどくなる?

痩せたい魔人はコニャニャチワTOP > 唾液の量が少ないと口臭がひどくなる?

唾液の量が少ないと口臭がひどくなる?

唾液の量が少ない人や、ストレスなどで唾液の量が少なくなってしまうと、口臭がひどくなってしまうそうです。

人間の口内には、何千万と言う細菌がいるものですが、唾液によってはこれら細菌からの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の発症などといった悪影響から守られています。

しかし、何らかの原因により唾液の量が少なくなると、口内の免疫力が落ちる為、細菌を抑制する力も弱くなってしまいます。

すると、口内の細菌の量が増えてしまい、口臭がひどくなってしまうみたいです。

口を動かしたり、食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)をたべると、唾液が分泌されますし、それでも唾液の量が少ないと感じる場合には、唾液の分泌を促しくれる薬もあるようです。

口の渇きを感じるような場合には、一度、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診察を受けて、こういった薬を処方してもらってください。

また、ガムなどをたべるのも唾液の分泌につながりますし、口の臭いケアにもなるため、試してみると良いでしょう。

もし、ガムなどを食べても唾液の量が増えない場合には、体の中でなんらかの異常が起きている可能性も否定できませんから、なかなか改善しない場合には病院を受診するようにしてください。